「となりのしばふ01」(R-Deco)
を読んだ雑感。

吹雪ちゃんのえっちな本。

 ・白雪や敷波が提督に好意を寄せていることを知って焦る吹雪が、
  夏休み、皆の帰省中に出し抜いちゃう物語。
  自分でスカート下ろしてぱんつ姿で誘惑するくだりが素晴らしいです。
  スカートが床に落ちる描写に興奮するのは私だけでしょうか。 
 ・一度肉体関係を持った後、四六時中ところ構わずえっちに溺れる吹雪ちゃん。
  やっぱ・・・芋っぽい娘の痴情は・・・最高やな・・・!
  えっちの合間に挿入される、帰省先の白雪たちの描写が背徳感を煽って良いですね。
 ・とても実用的。
 ・巻末、夏休みの終わりと白雪たちの鎮守府帰還が示唆された時の、
  もう提督を独占できないことに気付いた吹雪の絶望的な表情がぞくぞくします。
  (この解釈で合っているのかしら?)
 ・タイトルのナンバリングと云い、次回作があるなら楽しみです。
  修羅場なのかも知れないですが・・・

ウチは皆愛しているからね、修羅場なんてないですよ
syuraba