「ながつきにゃが」(きつねとぶどう)
を読んだ雑感。


nagatsuki

私ろりこんじゃないんで、睦月型のえっちな本とかとても正視できないよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふぅ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦闘時のセリフには勇ましい、自信家ぶりがうかがえる長月ちゃんが、
まんまと司令官に乗せられて行為に及んじゃうちょろい本だよ。
色ごとに疎そうな勝気な娘がちょっとした甘い言葉に落とされるのは王道ですね。

 ・司令官にぱんつを見られ、「かわいいぱんつだった」と評された長月ちゃん。
  「わたしのぱんつなんか見たい奴いるわけない」と返すも「もっと見たい」と司令官に切り返され、
  ぱんつを見せることに。
 ・「ぱんつの中も見たい」エスカレートする司令官の要求。
   気づくとあそこ見せる→前戯で達する→手で司令官のあれをこきこき→小さい口でご奉仕。
   どうしてこうなった
 ・知識のない長月ちゃん、勢いよく出てくるものを驚いて飲み込んじゃうよ!
  飲み込んだ後の知ったかぶりも可愛いよ!
 ・最終的に狭いあそこで司令官の大人のものを迎え入れて気持ちよくしてくれます。
  やったね長月ちゃん、ほかの駆逐艦を凌駕する気持ちよさだよ! 

自分で書いておいてなんですがやはり睦月型はアウトですね
憲兵さんに連行されても文句云えません

本編で「あほー!」を連呼するので、こんなにあほー!あほー!云う子だったのかなー、セリフ聞こう!
と思って秘書艦にしたら時報なかったわ、運営のあほー!
(ごめんなさい軽い冗談ですBANしないで下さい)