「GIRLFriend's 7」(極東工務店)
を読んだ雑感。
Febri表紙の吹雪が股間に来て以来、良い吹雪本ないかなないかなと切望していたところに、
夏の401本で充分な実績のある作者の吹雪本とあらば前屈みにならざるを得ない

 ・真面目っ娘吹雪さんが秘書艦(という名目の、その実提督のえっちのお相手)に
  指名され、期待に打ち震えつつ提督との初めての行為に及び、
  必死に提督のカタチを覚えようとする描写にしこしこが止まらん
 ・すっかり病みつきになってしまった吹雪が日常の業務の合間に逢瀬を重ね、
  他の艦娘たちとの触れ合いのさなかにあっても提督との性交を思い、
  断らないといけないと考えつつ欲望に逆らえずに溺れていく様がほんましこ

おちん○ん痛くなりそう

fubukikaini
 
作者も後書きで述べているとおり、
これから吹雪の薄い本が増えると嬉しいなー
だからアニメはもうちょっと頑張れよ
何も名作作れって言ってんじゃないんだよ
平均的な凡百萌えアニメの水準くらいには達しろって言ってんだよ
監督脚本がクソだってことは分かったけど
クソならクソの意地くらい見せんかい
(訳)4話で手の平返させて下さい
ア艦これ、吹雪は可愛かったね。うん。

監督脚本に意地とかプロ意識なんてものはなかったよ。